智の木協会は、大阪大学発の植物機能を生かす活動を推進する組織です智の木協会は、大阪大学発の植物機能を生かす活動を推進する組織です

智の木協会の活動内容・支援活動

トップページ > 活動内容 > 支援活動


智の木協会の支援活動

「智の木の育成」
技術情報の収集 育種・栽培情報の発信 研究・指導
「智の木の種苗」
種苗の供給 提供 増殖方法の提供 育成実習

(支援活動に関して投稿して頂きましたら、智の木協会にて精査し、公開予定)


シンポジウム・ワークショップ

平成21年8月21日金曜日に大阪大学中之島センターにおいて
第1回智の木協会ワークショップを開催致しました。


講演者
ヒノマルナーセリー 社長 三好 武二氏
 「プロが語るガーデニングの心得」
染司 よしおか 吉岡 幸雄氏
 「京都伝統工芸 草木染めを語る」


開会のご挨拶:智の木協会 副理事長 黒田 錦吾 氏

智の木協会の現在の活動状況、シンポジウム・ワークショップ、ホームページや会員数に 関してご説明があり今後の活動に関して、皆様のご協力をお願いされました。



講演@有限会社ヒノマルナーセリー 三好 武二 氏
「プロが語るガーデニングの心得」   
 座長 智の木協会 副理事長・代表幹事 小林 昭雄 氏

40年間の植木にたずさわって来られたお話をして頂きました。庭に木を植える時の植物の特徴や性質などの詳しいお話があり、プロならではの経験を教えて頂きました。  

    

講演A染司 よしおか 吉岡 幸雄 氏
 「京都伝統工芸 草木染を語る」
   座長 智の木協会 理事長 豊田 政男 氏
 
染司5代目を継承されてから、古代の文献を調べ、昔の人々の染色技術のすばらしさを現代に 復活されています。日本古来の染料を使い古(いにしえ)の人の色彩感覚なども取り入れ、 有名な社寺の染物や色紙を依頼されておられます。大変な手間をかけてじっくりと染めを 仕上げられていることを教えて頂きました。


閉会のご挨拶:智の木協会 理事長 豊田 政男 氏

智の木協会の「智」という漢字は「知」と「曰(いわく)」から 出来たものと考えたく、 智の木協会は,知恵を発信していきたいなどのお話頂き、今後の智の木協会の活動に 皆様のご協力をお願いし、智の木協会の発展を支えて頂くようお願いされました。


会場の様子





平成21年2月20日金曜日に千里阪急ホテルにおいて
第1回智の木協会シンポジウムを開催致しました。


講演者
元奈良女子大学教授 菅沼 孝之氏
 「萬葉植物から知る萬葉人の自然観」
植物画家 田地川 和子氏
 「ボタニカルアートと私」

智の木は自然と人類の共存を目指します

Universal-Designed by IST Co.,Ltd.
Copyright (C) Chi-no-ki Society. All rights reserved.