智の木協会は、大阪大学発の植物機能を生かす活動を推進する組織です智の木協会は、大阪大学発の植物機能を生かす活動を推進する組織です

智の木協会の会員樹花紹介

トップページ > 会員樹花紹介

会員の認定樹花 ハ行

本コーナーに掲載する植物写真・植物画・コメントなど随時募集しております。
植物画像データをお持ちの方は問い合わせコーナーからお知らせください。
事務局から折り返し連絡いたします。

newオレンジのバラ
バラ科バラ属
大阪大学 中塚 記章
(英名:La Mariee 学名:Rosaceae Rosa))

オレンジのバラ
オレンジのバラ
写真撮影:中塚 記章

家内と出会ったときに、なぜかいろいろなところで見かけた不思議な思い出の花です。

ラマリエ(バラ)
バラ科バラ属
  一ノ坪 礼子
(英名:La Mariee 学名:Rosaceae Rosa

バラ. ラマリエ
写真撮影:一ノ坪 礼子

柔らかで女性的なラインのフリルの花びらや、ピュアでフレッシュな 清々しい香りが魅力的なバラ「ラマリエ」は、大好きなバラのひとつです。

パイナップル
パイナップル科アナナス属
大阪府立大学
学生会員
高橋 真菜
(英名:pineapple 学名:Ananas comosus
パイナップル室内栽培
写真撮影:小林裕子

パイナップルはブラジルを原産地とする栄養繁殖の多年草植物です。私は「海外農業研究会」という大学の部活動に所属し、大学1年の時に沖縄・西表島にてパイナップル農家のもとで農業研修をしてきました。本格的な農業に関わるのは初めてで、品質を追求する農家の方のこだわりを感じながらの猛暑の中での作業でした。
この経験から、私の勤労観は大きく変わり、第一次産業の農業の生産現場の大変さを痛感しました。しかし、辛い思い出とはならず、思い出すのは西表島の豊かな自然と自身の充実感。今もパイナップルを見ると、鮮やかな色のコントラストが調和した西表島の風景が思い出されます。



ハギ(萩)
マメ科ハギ属
料亭 幾松 久保 真奈美
(英名:Japanese clover 学名:Lespedeza

萩
萩
写真撮影:青木繁伸

五山の送り火を終え、鴨川納涼床に秋風が立つ頃、控え目に秋の到来を教えてくれるのが萩です。
咲き誇るということがない花に長い夏を無事にひっそりと終えられた喜びと長州藩ゆかりの宿として当館を往来した志士達の故郷を思います。


ハギはマメ科ハギ属の総称で落葉の低木です。春先、葉の色は黄緑色ですが、晩 夏に至り花をつける頃には 少し深みを増します。京都では、萩と言えば京都三名水としても知られる梨木神社(京都市上京区寺町通広小路上ル)を思い起こす人は多いのですが、古都、千をもの寺社の境内に参れば、こんもりと 茂った萩の植え込みに必ず出会います。花は、蝶形花冠 (papilionaceous corolla)で、手にとってみる と言葉通り蝶に似ていますし、花卓の先を少し残すとその様は鳥の形にもみえます。萩の花色は濃淡は あれ紫色が普通ですが白花もあり、細くしなやかな枝に連なる花のつく様はいかにも上品で、銀色に光 る葉上の朝露との協奏は秋の風情が増します。ハギの分布は広く「万葉集」で最もよく詠まれるところ からも日本人の心をとらえる「そこはかさ」を身につけた気品ある麗花です。
解説:小林昭雄


ハゴロモジャスミン
モクセイ科ソケイ属
静岡大学 渡辺 修治
(学名:Jasminum polyanthum
ジャスミン
写真撮影:青木繁伸

初めて女性に贈った花。その女性が現妻。花の香りの生成機構研究の契機となった花。


ハナズオウ(花蘇芳)
マメ科ジャケツイバラ亜科
  綿谷 美幸
(学名:Cercis chinensis
ハナズオウ
写真撮影:青木繁伸

早春にピンク色の小さな花が固まって咲き春の喜びを感じさせてくれる花。



ハナミズキ(花水木)
ミズキ科ミズキ属
バランス
コミュニケーション
江見 佐智恵
(英名:Flowering Dogwood 学名:Benthamidia florida (L.)Spach)

写真撮影:青木繁伸

昔、東京市からワシントンDCに桜を送られた返礼としてワシントンDCから送られた木がこの「ハナミズキ」だそうです。
「私の想いを受けて下さい」ハナミズキの
花言葉です。
一青窈の「ハナミズキ」も大好きな歌ですが、人と人との間でもっとやさしさの交換ができないものかという思いをつづられた歌だそうです。


東洋炭素株式会社
大阪大学接合科学研究所 東洋炭素
「先進カーボンデザイン」
共同研究部門
宮本 欽生
 


写真撮影:青木繁伸写真撮影:小林昭雄

 十数年前の四月下旬に、アメリカ東海岸のボルチモアへ仕事で行ったときのことである。アメリカの友人が招待してくれた家の庭に、ピンクがかった白いハナミズキが満開になっており、とても清楚であでやかな姿に感動したのを覚えている。その時は、名も知らず、聞いてみるとdogwoodということだった。数年たって、わが町の通りにもハナミズキが植えられ、色とりどりのあでやかさを演出してくれるようになった。
 ところで、英語ではdogwoodであるが、なぜこのようなきれいな花の名にdogがつくのか気になっていたので調べてみた。諸説あるようだが、どうもdagwoodがなまったものというのが確からしい。ハナミズキの木はとても硬く、木製の短剣(dagger)や、串、矢、織機のシャトルなどに使われていたようである。
 私にとってのハナミズキは、心を明るくなごませる花であり、かれんな貴婦人に会ったような気にさせてくれるので、桜が終わると、咲くのが待ち遠しい。最近は、あちこちの街路樹にハナミズキがみられるようになってきたが、もっと増えればいいと思っている。
引用;「Dogwood」「フリー百科事典、ウイキペディア米国版」、2009年12月27日(日)、16:30,URL:http://en.wikipedia.org

兵庫医療大学 西原 力

写真撮影:青木繁伸

ミズキ科の落葉小高木。樹皮は灰黒色で、葉は楕円形となっている。北アメリカ原産。花期は4月下旬から5月上旬で白や薄いピンクの花をつける。秋につける実は複合果で赤い。
引用;「Dogwood」「フリー百科事典、ウイキペディア日本語版」、2009年12月24日 (木) 13:24 ,URL:http://ja.wikipedia.org


ハルミミカン(晴見蜜柑)
ミカン科ミカン属
  堀尾 治美
(学名:Rutaceae Citrus
ハルミミカン
写真撮影:堀尾治美
はるみ蜜柑
new写真撮影:小林裕子

 父の出身地、愛媛県の美味しいみかん。しかも自分の名前と同じ「はるみ」という品種がある。 あることは知っていましたが、どんな味が特徴なのか、どういう改良を経て現在どのくらい 作られているのかほとんど知りません。  智の木協会で「はるみみかん」を自分の樹花にすることで、もっといろいろお勉強をして いきたい。もっと積極的に「はるみみかん」に関わっていきたいと思います。


バラ(薔薇)
バラ科バラ属
  岡本 覚
(学名:Rosa
バラ
写真撮影:小林昭雄
荒牧バラ公園


特に赤い薔薇!!


ハクモクレン(白木蓮)
モクレン科モクレン属
大阪大学 小泉 潤二
(英名:yulan 学名:Magnolia denudata Desrouss.)
ハクモクレン
写真撮影:青木繁伸

ハクモクレンはモクレンの仲間で白色の花をつける。しばしば、「モクレン」と混同され、そう呼ばれることがある。 モクレン属の中では大型の種類で樹高は10-15m程度まで成長する、春、葉に先立って大形で白色の花が開く。
引用:「ハクモクレン」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2009年10月16日 (金) 13:23 UTC、URL:http://ja.wikipedia.org



ヒマワリ(向日葵)
キク科ヒマワリ属
  川上 里美
(英名:sunflower 学名:Helianthus annuus L.)

写真撮影:青木繁伸

「あなただけを見つめます」という花言葉をもつ情熱の花、一途な真夏の花が好きです。

  黒田 都子

高さ2mくらいまで生長し、夏にかなり大きな黄色の花を咲かせる。 大きな一つの花のように見えるが頭状花序と呼ばれ、多数の花が集まって一つの花の形を作っている。これは、キク科の植物に見られる特徴である。外輪に黄色い花びらをつけた花を舌状花、内側の花びらがない花を筒状花と区別して呼ぶ場合がある。 和名の由来は、太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回るといわれたことから。ただしこの動きは生長に伴うものであるため、実際に太陽を追って動くのは生長が盛んな若い時期だけである。
引用:「ヒマワリ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2009年10月16日 (金) 13:23 UTC、URL:http://ja.wikipedia.org

三菱UFJモルガンスタンレー証券 田中 祐弥
向日葵
写真撮影:青木繁伸

凛と立ち太陽のようにいつも元気でいてくれる、夏を代表する花(向日葵)。「未来を見つめる」と言う花言葉があり、新しい未来を応援してくれる花である。

    小倉 英和
ひまわり
写真撮影:小林裕子

掲載準備中

大阪大学接合科学研究所 
特許業務法人 海星事務所 弁理士
森貞 好昭
ヒマワリ
写真撮影:青木繁伸

掲載準備中

大阪大学渉外本部 
吉田 富士江
ヒマワリ
写真撮影:青木繁伸

私は、笑顔を人におすそ分けして、周囲の方をなごませたいと思っています。笑顔で周囲を明るく…これがなぜか「ひまわり」のイメージなので、黄色いひまわりが大好きです。


フクジュソウ(福寿草)
キンポウゲ科キンポウゲ属
大阪大学 新田 保次
(英名:Far East Amur adonis 学名:Adonis ramosa Franch.)

写真撮影:青木繁伸

春を告げる花の代表である。そのため元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名を持つ。福寿草という和名もまた新春を祝う意味がある。
引用:「フクジュソウ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2009年9月21日 (月) 04:56 UTC、URL:http://ja.wikipedia.org


フジ
マメ科フジ属
大阪府立大学 藤 寛
(学名:Wisteria floribunda

写真撮影:小林裕子

実家に大きな藤棚があり、子供の頃に新学期が始まってしばらくすると、たくさんの花の房が垂れ下がり、そこへクマバチが忙しく蜜を求めてやってくるのを思い出します。クラスが変わって新しい友達ができ、学校の帰りに初めて遊びに来るときの情景と重なって覚えています。友達は怖くて遠巻きに通っていました。初夏になると今度は大きなマメの鞘が下がります。クマバチのおかげでたくさん実を結んだのでしょう。夏には葉が茂って、今度はその下の木陰で日差しを避けながら友達と遊んでいました。今はもう取り払われてしまって残っていませんが、懐かしい思い出のある木でした。


フジ(藤)
ノボリフジ(ルピナス)
オフィス ライフ・セオリー 代表 伊藤 昭
(フジ 学名:Wisteria floribunda)
(ルピナス 学名:Lupinus L
写真撮影:小林裕子
写真撮影:小林昭雄

伊藤家代々の家紋が「上り藤」なので、それに因みました。
 本来、藤は下がるのが一般的なのですが、家運が上がるように先祖が考えたようです。


フヨウ 信州大学 廣田 満
(学名:Hibiscus mutabilis)
写真撮影:小林裕子

準備中


newボダイジュ(菩提樹)
アオイ科シナノキ属
岩ア雅己法律事務所 岩ア 和子
(学名:Tilia miqueliana

菩提樹
菩提樹
写真撮影:青木繁伸

準備中


ホトトギス
ユリ科ホトトギス属
前川 昭子
(学名:Tricrtis hirata Hook)

写真撮影:小林昭雄

写真撮影:青木繁伸

ユリ科に属するホトトギスは、牧野富太郎先生の図鑑(北隆館)では、ホトトギスのほか、ヤマホトトギス、ヤマジノホトトギス、キバナホトトギス、チャボホトトギス、タマガワホトトギス、ジョウロウホトトギスなど7種があげられている。高さ70cm程度に育ち、秋口から独特な花形と色合いをもち、やまとを語る申し子とでも言える心引きづける連花を咲かせる。 元来、山地や丘陵の樹下に生える多年草であるが、多くの先人がその可憐さに魅かれ、持ち帰って庭先に植えたのを関西地域の旧家や社寺でよく目にする。花弁上の上品な紫色の斑入りは一層奥ゆかしさを感じさせる。ホトトギスの名前は、鳥類のほととぎすの胸の斑点が花弁の色とその分布に似ていることに由来している。  最近、黄色の花をつけるキバナホトトギスを目にすることがあり、長期間、紫花との混植が維持できれば、また、風情はひときわであろう。鉢植えでも十分育つため、ペアーの鉢植えで玄関口に鎮座した姿は、和風、洋風の館にもよく合うのではないかと想像を逞しくする。この花は、学生時代、キンモクセイ香の名残が漂う京で会った平安時代の貴公子に例えられる心に残る絶品の一花である。
解説:小林昭雄


ホンシャクナゲ
ツツジ科ツツジ属
大阪大学 小菅 喜昭
(英名:alpine rose 学名:Rhododendron japonoheptamerum
 Kitam. var. hondoense (Nakai) Kitam.)
本石楠花
写真撮影:小菅喜昭

シャクナゲは主として北半球の亜寒帯から熱帯山地までのきわめて広い範囲に分布し、南限は赤道を越えて南半球のニューギニア・オーストラリアに達する。特にヒマラヤには非常に多くの種が分布する。野生状態でも変種が数多く、また園芸植物としても数多くの品種がある。ホンシャクナゲは中部地方以西の本州と四国の山地に分布する。花は赤紫から白まで変化に富む。
引用:「ホンシャクナゲ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2009年9月27日 (日) 09:49 UTC、URL:http://ja.wikipedia.org

▲Page Top



ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ・ラ・ワ行のページへ

Universal-Designed by IST Co.,Ltd.
Copyright (C) Chi-no-ki Society. All rights reserved.