智の木協会は、大阪大学発の植物機能を生かす活動を推進する組織です智の木協会は、大阪大学発の植物機能を生かす活動を推進する組織です

智の木協会の会員樹花紹介

トップページ > 会員樹花紹介

会員の認定樹花 ア行

本コーナーに掲載する植物写真・植物画・コメントなど随時募集しております。
植物画像データをお持ちの方は問い合わせコーナーからお知らせください。
事務局から折り返し連絡いたします。

アイリス
アヤメ科
藤立 勇人
(英名:iris 学名:Iris L.)

写真撮影:青木繁伸

あやめ科に属するアイリスは宿根草で、水辺、湿原に自生しているのをよく目にする。野生種は紫色の花をつけるものが多く、五月(5月)、水無月(6月)の雨後、ひときわ存在感を増し葉上の水滴は銀色に輝き風情をそそる。 尾形光琳の『燕子花図』(かきつばた ず)は、密集した紫花を連ねて描いた屏風図で迫力満点である。 ショウブとアヤメは、漢字が同一(菖蒲)であることから混同されるが、実は、別物で、ショウブはサトイモ科の多年草であり、地味な花をつける。我が国に自生しているアヤメはアイリスであり、美しい花をつけるハナショウブを想像する。アイリスは、ギリシャ語で虹を意味し、青紫、紫、黄の花色のものも知られており、ジャーマンアイリスは紫花や赤紫花が一般であるが、ダッチアイリスは黄花や白色と黄色のツートーンカラーのやや大型の花をつける。アヤメは乾いた場所でも育つがカキツバタやハナショウブは湿地を好む。 知と勇気の象徴とされる「アイリス」だが、その名の響きは高貴で落ち着いた紫色の代名詞のように思える。解説:小林昭雄



newアオイ(ピンクのアオイ)
アオイ科
父 苗木 惇
勤務先 富国生命保険相互会社
苗木 葵
(学名:Malvaceae
モクフヨウ(木芙蓉)
写真撮影:青木繁伸

準備中



アヤメ(菖蒲)  社会福祉法人 アストリー 桶川 和則
(英名:iris 学名:Iris sanguinea .)

写真撮影:青木繁伸
準備中

アジサイ(紫陽花)
ユキノシタ科
大阪大学 谷口 研二
(学名:Hydrangea macrophylla Seringe)
アナスイ
アナベル

墨田の花火

写真撮影:西口ひろし
(クリックで写真が拡大します)

樹高は1〜2メートル。葉は光沢のある淡緑色で葉脈のはっきりした卵形で、周囲は鋸歯状。6〜7月に紫(赤紫から青紫)の花を咲かせる。一般に花と言われている部分は装飾花で、本来の花は中心部で小さくめだたない。花びらに見えるものは萼(がく)である。セイヨウアジサイではすべてが装飾花に変化している。
引用:「アジサイ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2010年3月26日 (金) 00:40 UTC、URL:http://ja.wikipedia.org

  合同会社ゴティエ 太郎良 紀子
アジサイ
写真撮影:青木繁伸

地質によって花色も変わり、七色に変化する。自分自身の可能性を信じ、挑戦していきたいと願いつつ、好きな花です


アガパンサス・プラエコクス・
オリエンタリス
‘パシフィック・ブルー’
ユリ科
  小椋 由美
(学名:Agapanthus praecox ssp. orientalis 'Pacific Blue')
写真:アガパンツス・プラエコクス・オリエンタリス‘パシフィック・ブルー’
写真撮影:青木繁伸

 

紫とブルーの花びらは小さく可憐でとても愛らしい花が私のお気に入りです。 春には小さな蕾が成長し、やがて1つ1つが花になって美しい紫のあでやかな色を咲かせる時、 茎の部分や葉の養分はその花の咲く為にエネルギーを捧げられてしまうのか、少し細く小さくなります。 花にはそれぞれの役割がありその役割を守られることによって全体的に調和のとれた美しさを表現しているように感じます。

小説家アレクサンドル・デュマ・ペールによる1850年の小説に「黒いチューリップ」がある。紫の色合いが深まるに連れデュマの小説の主題のチューリップに求められる黒色となる。アントシアン系の色素 は濃厚になると新鮮な黒豆同様深い黒色に見える。アガパンサスはチューリップ同様、球根植物でユリ科に属し、葉の形が君子蘭に似ているためか、別名、「ムラサキクンシラン:紫君子蘭」と呼ばれる。 ラン科植物ではないが、実に羨ましい漢字が宛がわれている。花言葉は、「誠実な愛、恋の訪れ」など、女性の心を掴む麗しさを秘めた薄紫色の可憐な花であり、外洋に押し出た珊瑚礁のつくる澄んだマリ ーンブルー(pacific blue)は、この花に通じる色合いであり、若い女性に好まれる幾つかの条件を備えている。実際、花を手折って下を向けると飛び散る花火のようなイメージが湧いてくる。6月29日の誕 生花でもあり、紫花を愛する多くの人を引きつけそうだ。解説:小林昭雄


アカマツ(赤松)
マツ科マツ属
大阪大学
赤松 史光
(英名:Japanese Red Pine 学名:Pinus densiflora Sieb. et Zucc)

写真撮影:青木繁伸

日本産の松の中でもっとも広い範囲に分布し、目に触れる機会の多い松である。文字通り樹皮が赤いのでこの名が付いている。クロマツと非常によく似ているが、葉がやや細く柔らかく、手で触れてもクロマツほど痛くない。そのためクロマツが「雄松」と呼ばれることに対比して、「雌松(メマツ)」と呼ばれることもある。また、成長すると樹皮が鱗状に剥がれるのはクロマツと同じだが、アカマツではこれがより薄く、赤っぽくなる。赤松の名はこれによる。
引用:「アカマツ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2009年10月16日 (金) 13:23 UTC、URL:http://ja.wikipedia.org


アサガオ(朝顔)
ヒルガオ科

船越 恵美子
(英名:Japanese morning glory 学名:Pharbitis Nil Choisy)
アサガオアサガオ
写真撮影:船越恵美子

私の幼い頃の夏の思い出のひとつに「朝顔」の観察日記があります。可憐な大輪の花を観るのが楽しみでした。現在の夏も窓辺に「朝顔」の花を育てて、すだれの様にしています。ecoで、とても和やかな気持ちになります。


アンジェラ
バラ科

村上 陽子
(英名:Angela 学名:Rosa hybrida Kordes)
アンジェラ

写真撮影:村上陽子

香りのあるバラに興味があり、初めて植えてみたつる性バラ、“アンジェラ”。
20cmくらいの苗が、あっという間に伸びてフェンスいっぱいに覆いつくし、ピンクから淡いピンクに変化し、花型が丸くて愛らしく子供の様に愛情かけて育てていました。
耐病性、耐寒性に優れ、香りが最高です。幸せな気分にさせてくれます。パワーをもらっていましたね。


イチイガシ(一位樫)
ブナ科コナラ属

菅沼 孝之
(学名:Quercus gilva Blume)

鹿児島県姶良郡蒲生町で水田に囲まれて育つイチイガシ

春日大社境内のイチイガシの巨樹 2009年9月25日撮影
成熟中の春日大社境内のイチイガシの果実(ドングリ)
2009年9月25日撮影 
写真撮影:菅沼孝之

イチイガシはブナ科の常緑広葉高木で、
わが国の照葉樹林帯の中心的な極相林をつくる優占種群のうちの重要な一種である。イチイガシは「櫟」と書いて、「いち」または「いちい」と呼ぶ地域があるが、私は「イチイ」については、本種は広葉樹で主幹が通直であり、材は堅くて有用であるところから「一位」の意で、最も優れた材質の樫の木を指していると考えている。
 イチイガシは雌雄異花で、新枝の下部に垂下して雄花を着け、新枝の上部の葉腋に雌花をつける。雄花はシイのように樹冠の外へ出ることはないので、花期に樹冠を真っ黄色に染めることはない。種子はやや小型の堅果(ドングリ)でその年の11月に成熟する。生食しても渋みはない。
 イチイガシの生長は他のカシ類に比べて早い方ではない。実生苗をつくるときでも発芽までにずいぶん時間をかけたり、発芽してもマッチ棒のような状態で冬を越し、葉が展開するのは翌春という個体もあるかと思えば、冬中微動だにせず越冬してやっと芽吹く個体もある。 このおっとりとした個性はまさにカシの中の大名クラスで、生長をはじめるとじっくりとではあるが真っ直ぐ上を向いて伸びてゆき、見事な樹形を形成する。
 イチイガシの立地は、扇状地下部や沖積平野のような土壌が堆積した肥沃な土地に生育している。生長は遅いが材は堅く、運搬方法が限定されていた時代には、たとえば材木を山から運び出すための道具の一種であった「修羅」にこの木を用いたのではなかろうか。現在、イチイガシが生育していても良いと考えられる山裾の立地にこの木を見受けることが稀なのは、生育過程や材の用途が絡んでいるように思う。
 皇大神宮(内宮)の別宮、滝原宮(所在:三重県度会郡大紀町滝原)の神域には、ヒノキ、スギの深緑色の葉群をもった針葉樹に、葉裏や小枝に黄褐色の星状毛を一面にもって樹冠を黄褐色に染めるイチイガシの広葉樹を加えて、40m近く天を衝いてのびのびと生長しているのは見事というほかない。ヒノキとイチイガシは自然生えか、植栽か、いずれにしても種の性質が絡むので生長に優劣がつくはずである。もちろん剪定してあるわけではないので、林冠には凹凸はみられるが、それにしても我が国の固有種であるヒノキ、スギと、台湾・中国にも自生して分布域が多少ひろがるイチイガシを加えた3種が混交林を作っているのは見応えがある。
 昭和56年5月24日に平城宮跡で開催された第32回全国植樹祭に際して,昭和天皇、皇后両陛下に、奈良時代にこのあたりの潜在自然植生と考えられるイチイガシをお手植えいただいた。陛下からほかの府県ではスギやヒノキを植えるのに、奈良県ではなぜイチイガシかと、ご下問があった。お手植えのイチイガシ二本は、今も大極殿跡に枝葉を広げて元気に育っている。 ライフワークの一つとして、生育地が少なくなっている近畿の里山でイチイガシを尋ね、また、かつて生育していたイチイガシと群落を作っていたであろう植物を尋ねて歩いている。


イチョウ
イチョウ科

北山 祐也
(英名:Ginkgo, Maidenhair Tree 学名:Ginkgo biloba
イチョウ
写真撮影:小林裕子

学部生時代から大学院を卒業してからも委託研究員として 大学に通っており、長い間同じ道を歩いています。大学には 多くのイチョウが植えてあり、普段は気になりませんが、秋に なると黄色に輝きはじめ「今年も同じ道を歩いているが、去年 より成長したかな」と学生時代から社会人になった今までの 軌跡を考えさせてくれます。また、イチョウの花言葉には「鎮魂」 「長寿」「しとやか」「詩的な愛」など多くの意味があり、花言葉も 気に入っています。


イングリッシュローズ
バラ科バラ属
NPO法人 エイジコンサーン・ジャパン
塚谷 v子
(英名:English Roses 学名:Rosa

バラ
写真撮影:小林昭雄

英国人の植物への関心の深さには誰しも驚かされる。 中でもバラは、イングリッシュローズとして国民に受け入れられ、英国のシンボル花となっている。 
バラと言えば、英国バラ戦争を思い起こす。この百年戦争は、プランタジネット家傍流のランカスター家(赤いバラ)とヨーク家(白バラ)の間で戦われた権力抗争である。両家は、紋章(家紋)を異なる色の赤バラと白バラとした。この時、シンボルとされたバラは、今のような艶やかな花弁をもつ種ではなく、簡素かつ清楚であった。英国において、一つの花に紅白の縞が入るバラの品種に「ヨーク・アンド・ランカスター」がある。
 英国では、6月に入ると庭つきの家々の玄関先では、必ずといって良いほど、イングリッシュローズの甘い香りが漂い、英国庭園において、バラは、オープンガーデンの主役である。
 サントリー株式会社は、スミレの紫の遺伝子をクロ−にングし、赤色のバラの赤色色素生産を遺伝子制御すると共に新たに青色色素生産の遺伝子を導入し、遺伝子改変植物である青いバラを作出した。「blue rose」の意味は、「不可能」を意味するが、 それを遺伝子改変技術で可能としたのである。 小生、遺伝子改変の「青いバラ」を一般のバラ同様、路地栽培可能な国産一号の一種使用規定承認(2008年1月31日)取得に手を貸したが、サントリーウイスキーの親元であり、バラの国、英国へ恩返しの思いで多額の研究費を投入し、青いバラを開発した当該社のロマン溢れる夢への投資は一日本人として嬉しく思える。解説:小林昭雄


ウメ(梅)
バラ科サクラ属
京都大学 吉川 正明
(英名:Ume 学名:Prunus Mume Sieb. et Zucc.)

写真撮影:青木繁伸

花を観賞するほか、果実を梅干し、梅酒、梅酢やジャムなどにして食用とする。また甘露梅やのし梅などの菓子や、梅肉煮などの料理にも用いられる。 漢方薬では燻蒸(くんじょう)して真っ黒になった実を烏梅(うばい)といい、健胃、整腸、駆虫、止血、強心作用があるといわれる。 引用:「ウメ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2009年11月15日 (日) 10:50 UTC、URL:http://ja.wikipedia.org

株式会社 フジキン 谷本 健次

写真撮影:青木繁伸

別名に好文木(こうぶんぼく)、春告草(はるつげぐさ)、木の花(このはな)、初名草(はつなぐさ)、香散見草(かざみぐさ)、風待草(かぜまちぐさ)、匂草(においぐさ)などがある。

引用:「ウメ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2009年11月15日 (日) 10:50 UTC、URL:http://ja.wikipedia.org


エゾノツガザクラ(蝦夷の栂桜)
ツツジ科エゾノツガザクラ属
大阪大学 池 道彦
(学名:Phyllodoce caerulea (L.) Bab. )
エゾノツガザクラ

出典:「エゾノツガザクラ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2009年8月28日 (金) 19:00 UTC、URL: http://ja.wikipedia.org

学生時代は山歩き、山登りを趣味にしていましたが、初めて行った本格的な山が北海道の大雪山でした。
初日に泊まった黒岳石室の前に広がる雪渓の傍らに咲いていたのが、エゾノツガザクラです。
夏になると「こんなに可憐で美しい花があるのか」と感動した学生時代を懐かしく思い出します。


エニシダ
マメ科
シャープ株式会社 三宅知之
(学名:Cytisus scoparius
エゾノツガザクラ

撮影者:小林裕子

岡山県金光町にて、子どもの頃に遊んでいた畑での印象が強く残っています。


オオイヌノフグリ
ゴマノハグサ科
クワガタソウ属

谷本 ちづる
(英名:Persian speedwell 学名:Veronica persica  Poiret)

写真撮影:青木繁伸

別名、瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳。ヨーロッパ原産の帰化植物。路傍や畑の畦道などに見られる雑草。早春にコバルトブルーの花をつける。花弁は4枚。ただしそれぞれ大きさが少し異なるので花は左右対称である。花の寿命は1日。葉は1―2cmの卵円形で鋸歯がある。草丈10?20cm。
引用:「オオイヌノフグリ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2009年5月10日 (日) 05:15 UTC、URL:http://ja.wikipedia.org


オリーブ
モクセイ科
大阪大学 西條 辰義
(英名:olive 学名:Olea europea L.)
オリーブ
写真撮影:青木繁伸写真撮影:小林昭雄

地中海地方が原産とされ、葉が小さくて硬く、比較的乾燥に強いことからスペインやイタリアなどの地中海地域で広く栽培されている。 多くの品種では自家受粉できない。DNAが同一の花粉には反応せず実をつけないことが多い。このため、オリーブは2本以上隣接して植えた方がよいとされる。 日本での栽培は香川県小豆島で1910年頃はじめて成功した。現在は香川県、岡山県などで栽培されている。
引用:「オリーブ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2009年11月9日 (月) 12:27 UTC、URL:http://ja.wikipedia.org

▲Page Top




Universal-Designed by IST Co.,Ltd.
Copyright (C) Chi-no-ki Society. All rights reserved.